女子力向上研究所では女子力向上研究所・代表 中柗 小百合の紹介
お着物が美しく見えるしぐさ、女性を美しく見せるための所作やメイクのレッスンやセミナーを開催していきます。

女子力向上研究所・代表

中柗 小百合

中柗 小百合

(なかまつ さゆり)

Sayuri Nakamatsu

京都教育大学教育学部第一社会科学科卒業

1987年
株式会社リクルートに入社。15年間「週刊住宅情報」の営業、企画、審査などを経て営業マネージャーに
2002年
若年定年制度を利用して、リクルートを38歳で定年退職。司法試験の道へ
2004年
司法試験を断念し、在宅ホスピスで父の終末期介護の生活へ
2006年
父を看取り、東京海上火災日動に就職する
2007年
野村証券へ転職する。
2016年
野村証券を退社し、女子力向上研究所を発足する

 

パンフレット(セルフマガジン)

「第5回セルフマガジン大賞」優秀賞を受賞!
女子力向上研究所 パンフレット

 

なかまつ小百合の想い。

笑えない時期があった。
買い物に行けない。キッチンに立てない。
お化粧もできず、美容院にも行けず、
生え際が白くなってたるんだ顔は老婆のようだった。
「心の底から笑えることは人生に二度と来ない」
と覚悟を決めた。


あれから5年。
一度は諦めた”笑顔”を私は取り戻した。

私に自信を甦らせてくれたのは
自己肯定感の高まる着物、 所作、自分の顔が好きになるメイク、
そして笑顔だった。
私と同じように悩み苦しむ女性を綺麗にしたい。

そんな想いで
”45歳からの女子力向上研究所”を立ち上げました。
女磨きはこらからが本番!


(セルフマガジンより抜粋)
ページのトップへ戻る